早く売りたい方【不動産買取】

  • HOME  >  
  • 早く売りたい方【不動産買取】

お手持ちの物件を売るときは、仲介売却か不動産買取のどちらかを選択することになります。両者にはそれぞれメリット・デメリットがあり、お客様の事情によって最適な方法は変わります。ここでは、買取に関するさまざまな情報を京都市西京区のライブナビがご紹介します。買取と仲介売却の違いを知る際にお役立てください。

speed不動産買取とは

不動産買取とは

買取とは、不動産の売却方法のひとつです。個人から個人へ物件を売り渡す仲介売却とは違い、個人から不動産会社へと物件を売却します。不動産会社が買取した物件はリフォームされ、新しい持ち主のところへ転売されます。買取によって手に入る金額は仲介売却よりも少ないのが基本です。ただ、すぐに不動産を売って現金を手に入れたい方や仲介手数料を支払いたくない方、売却にあたってのリスクを減らしたい方などにはおすすめの方法です。

不動産買取のメリット

現金化までのスピードが早い

仲介売却の場合、買い手が必ずみつかるとは限らず、長期間売れ残ることもあります。買取なら、買取金額の折り合いがつけばすぐに売却し、現金を手に入れられます。物件をとにかく早く売りたい方には買取がおすすめです。

仲介手数料0円

仲介売却では、売り手と不動産会社が契約を結び、買い手を探してもらいます。そのため、売却が成立すると、売り手は不動産会社へ仲介手数料を支払います。買取は仲介売却と異なり直接不動産会社が購入するため、仲介手数料はかかりません。

近所に知られず売却が可能

不動産売却にいたるまでの事情は人それぞれです。なかには、周囲の人に知られず売却を行いたい方もいるでしょう。仲介売却だと、売却予定の家を広告に載せたり、内覧会を開いたりするため、住宅を売ろうとしているのが広まってしまう可能性があります。買取なら不動産会社との取引のみで終わるため、誰にも知られずに売却できます。

補修義務が免責される

仲介売却で売却した物件に雨漏りやシロアリ発生などの問題が生じたら、補修や修繕は売り手が行わなければいけません。不動産会社と取引する買取なら、売り手の補修義務は免責されます。売却後のリスクを避けたい方におすすめです。

不動産買取のデメリット

仲介売却よりも買取金額が安くなる可能性がある

同じ物件の売却でも、仲介売却と買取では、買取のほうが安い金額で購入される傾向にあります。現在の不動産業界においては、買取した物件をリフォームし、価値を高めてから販売するのが主流です。販売の際は広告費がかかるほか、宣伝のための人件費もかかります。不動産会社は、リフォーム費用や人件費、広告費などを差し引いて査定するため、買取価格が市場相場よりも安くなりがちです。不動産を売却した金額が低くなってしまうのは、買取のもっとも大きなデメリットといえます。

仲介売却のほうが高く売れやすい物件がある

不動産会社は、安く買取した物件をリフォームした売りに出します。古くなって買い手がつきそうにない物件なら、仲介売却よりも買取に出したほうがよいかもしれません。反対に、リフォームの必要があまりない新築の物件や築年数の浅い物件は、仲介売却のほうが高く売れるかもしれません。売却を考えている物件がまだ新しいものであれば、買取ではなく仲介売却を検討してみてはいかがでしょうか。

speedライフナビでは仲介売却をおすすめしております

ライフナビでは仲介売却をおすすめしております

不動産の買取では、再販にかかるコストが発生するため、お客様にご提示できる金額が低くなりがちです。お客様の希望する条件で売るなら、仲介売却がおすすめです。京都市西京区にて営業中のライフナビでは、お客様のパートナーとして二人三脚での販売活動を行います。ご希望の条件で売れるようサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

京都市西京区、長岡京市、
向日市で無料査定実施中!

不動産でお困りの方、まずはお気軽にご連絡ください。

  • メールでの査定依頼はこちら

    無料査定依頼

  • お電話でのご相談はこちら

    0120-920-208

    [営業時間] 9:30~19:00 [定休日] 水曜日