住宅ローンにお困りの方【任意売却】

  • HOME  >  
  • 住宅ローンにお困りの方【任意売却】

住宅を購入する際に組んだローンの返済で困ったら、任意売却を検討してみましょう。任意売却なら競売よりも売却額が大きいため、効率的に債務整理ができるかもしれません。京都市西京区のライブナビが、任意売却と競売の違いや、任意売却についての詳しい情報などをご紹介します。

loan任意売却とは

任意売却とは

住宅ローンの支払いが滞ると、債権者は担保になっている不動産を売って債権を回収することになります。このとき、債務者と債権者が合意して物件を売却するのが任意売却です。任意売却では不動産会社に仲介を頼み、市場にて物件を売り出します。裁判所が強制的に執行する競売よりも高い値段で売れる可能性があるため、任意売却による債務整理を希望する方も多いようです。ただ、仲介手数料や抵当権の抹消手続きの手数料など、いくらかの費用は発生します。

競売と任意売却の比較

競売と任意売却には、さまざまな違いがあります。以下の表にて、項目ごとの違いをご説明します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

比較 競売 任意売却
売却時の価格 市場価格の6~8割程度で売れるのが相場です。値段が安いため、そこまで残債が減らない点がデメリットです。 市場価格と変わらない値段で売却できます。物件によっては高く売れ、ローンを完済できるかもしれません。
残債の返済方法の交渉 交渉不可です。返済方法に無理があったとしても、変更してもらえません。 債権者と債務者で話し合い、返済方法を決められます。無理のない返済方法を選択できる可能性があります。
プライバシー 住宅に裁判所の調査が入ることで、近隣住民に競売の事実が知れ渡る可能性があります。また、競売にかけられた物件は広く公開されるため、プライバシーを守るのは難しいでしょう。 ほかの不動産売買のように、プライバシーを守りながらの売却が可能です。
引っ越し費用の交渉 競売で売れた物件の売却額は、すべて債務整理にあてられます。引っ越し費用を残す余地はありません。 債権者との交渉が成立すれば、売却代金のなかから引っ越し費用を残せます。
今後の生活について 競売にかけられた不動産は戻ってこず、お金も手に入りません。今後の生活に支障をきたす可能性があります。 債権者との交渉次第では、売却した物件の代金をいくらか手元に残せます。生活をたてなおすまでの資金が捻出できるかもしれません。

任意売却が可能な期間

任意売却には実施可能な期限があります。滞納などが発生することがわかってれば、その段階ですぐにご相談いただくのがおすすめです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却が間に合う期間 ローン滞納前 滞納にはいたらないものの、支払いに無理が生じてきたら、任意売却を検討してみましょう。
ローン滞納3カ月以内 このころには金融機関から督促状が届くようになります。早めに対応し、競売を回避したほうがよさそうです。
ローン滞納4カ月以内 競売開始の通知が届くかもしれません。通知が着たら、4カ月から5カ月の間に競売がはじまります。
ローン滞納5カ月以上 競売に向けて裁判所が動き出します。自宅に調査員や不動産業者が訪れることがあります。
任意売却できない期間 競売開始以降 競売がはじまると、住宅の立ち退きを命じられます。また、この段階では任意売却はできません。
任意売却ができなくなるタイミング

任意売却は、債権者に期限の決定権があります。債権者が指定した期限までに売れなければ任意売却は取り下げられ、競売に切り替わることもあります。期限の設定は債権者により異なりますが、たいていは3~6カ月の猶予を与えられます。任意売却で売れたほうが多くの債権を回収できるため、債権者もこの程度の期間なら待つ余裕があるようです。任意売却をする際は、期限内で売れるよう、慎重な値段設定が必要です。

京都市西京区、長岡京市、
向日市で無料査定実施中!

不動産でお困りの方、まずはお気軽にご連絡ください。

  • メールでの査定依頼はこちら

    無料査定依頼

  • お電話でのご相談はこちら

    0120-920-208

    [営業時間] 9:30~19:00 [定休日] 水曜日